YOSHIKI、紅白でクイーン&サラ・ブライトマンとコラボ 「超豪華メンバー!」「観るしかない」「音のズレないの?」などとネット反響

 X JAPANのリーダー、YOSHIKIが大みそかの「第71回NHK紅白歌合戦」(後7・30)に特別企画枠で出演することが24日、同局から発表された。世界的ロックバンド、QUEENのメンバーと英ソプラノ歌手のサラ・ブライトマンもリモートで演奏に参加し、名曲「ENDLESS RAIN」を披露する。

 6年連続、通算11回目の紅白出場を決めたYOSHIKIは2月以来、新型コロナウイルス感染拡大防止のため米国内にとどまっている。今年の紅白では居住するロサンゼルスからX JAPANの名曲「ENDLESS RAIN」をピアノ演奏。さらに、YOSHIKIの呼びかけでQUEENのブライアン・メイとロジャー・テイラー、2018年の紅白でYOSHIKIと共演したサラ・ブライトマンがそれぞれの居住国からリモートで演奏に加わり、日本と米国、そして欧州をつなぐ壮大なコラボが実現することになった。

 YOSHIKIは「今回はリモートで出演させていただくことになりました。そして更にQUEENのメンバーやサラが、それぞれの国からこの演奏に参加してくれることにもなり、とてもエキサイティングで感動的なステージをお見せできると思います」などとコメント。「少しでも、音楽を通じてみなさんに勇気を与えることができれば嬉しいです。当日楽しみにしていてください、よろしくお願いします」とファンに呼びかけた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ