前田敦子、事務所退社しフリーに「AKB48から卒業したときのようにワクワク」

 元AKB48の女優、前田敦子(29)が所属事務所、太田プロダクションを31日もって退社することが22日、同社公式サイトで発表された。

 同社は、契約満了となる前田は今後、フリーで活動すると説明し、「所属という形ではなくなりますが、引き続きできる限りのサポートを続ける所存です」と報告した。

 2007年から所属する前田は12年にAKBを卒業後、女優として活動。私生活では18年に俳優、勝地涼(34)と結婚し、19年に長男が誕生。子育てと両立しながら活動を続ける中、心機一転、独り立ちする。

 前田は事務所に「感謝の言葉しかありません」とコメント。「来年30歳を迎えるにあたりこれからの人生を考えたときに、もっとしっかりしなければいけないなと思い、ずっと甘えさせていただいた環境から一歩踏み出すことを決心しました」と理由を明かした。

 今後については、「海外のお仕事のお話、ファッションに関するお話、いろいろいただいていますが、何一つ具体的なことは決まっていません。これから一つ一つ身の丈に合った歩幅で歩いて行けたらと思います」と説明。「私にとっては、AKB48から卒業したときのようにワクワクもしています」と誓った。

 関係者によると、前田はかねてから「自立した女性になりたい」と話しており、意思を尊重。円満退社で、他事務所へは移籍をせず、個人事務所が窓口になる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ