伊勢谷友介 住人たちが嘆息する現状維持の「大麻マンション」

 「誰かを傷つける犯罪ではない」

 「(緊急事態宣言中に)空いた時間に家で使用した。よく眠ることができた」

 9月に大麻取締法違反で逮捕・起訴された伊勢谷友介(44)は、東京地裁の初公判(12月1日)でそう陳述した。大麻の使用現場として家宅捜索を受けた自宅は逮捕当時から注目されていた。

 「都心の一等地に建つ億ションの最上階をフルリノベーションした部屋で、過去にメディアでも公開していた。オーストラリア先住民が使う麻製の伝統楽器やハンモックに加え、ベランダでは10種近い観葉植物を育てていた。自然回帰を訴える彼らしい室内でしたが、“大麻汚染部屋”として報じるメディアもありました」(スポーツ紙記者)

 報道陣が殺到したこの自宅は、いまどうなっているのか。

 「引っ越したという話は聞かないですね。ベランダの鬱蒼とした植物もそのままです」(同じマンションの住人)

 伊勢谷は事件に伴う賠償金について初公判で「今まで稼いだお金の大半を提供した。生活も苦しくなるだろう」と話した一方で、大麻の入手先については「誰を傷つける犯罪をしたわけではないので、知人を社会にさらすことは考えられない」とした。伊勢谷を知る芸能関係者が語る。

 「彼はこの部屋を大変気に入っていたので、手放すことはないはず。保釈後はメディアの目を避けて別の場所で過ごしていますが、ほとぼりが冷めた頃に戻ってくるのではないか」

 前出のマンション住人は困り顔でこう話した。「“大麻マンション”として近所でも有名になっちゃって価値が下がらないか心配だし、こっちは大迷惑ですよ」

 “傷ついた人”は階下にいた?

 ※週刊ポスト2021年1月1・8日号

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ