映画「鬼滅の刃」歴代興収1位目前で異変! 「千と千尋」再上映で東宝“WINWIN”

 「映画 鬼滅の刃 無限列車編」の興行収入が302億8千万円を突破した。 

 興収の歴代1位は、宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」(01年公開)で、308億円。すでに社会現象になっている「鬼滅」の勢いは止まらず、今週末にも1位を奪取するとみられていたが、異変が起こっているという。

 「なんと、新型コロナウイルスの影響で、今夏、新作映画の公開延期が続出し、全国372の劇場で「千と千尋」が再上演されていたのです。よって8.8億円伸び、「千と千尋」は316億8千万円となっていることを15日に東宝が発表しました。これによって今週末の1位奪取は厳しい状況になっています」(映画関係者)

 それでも「鬼滅」の1位奪取の見通しは変わらないという。

 「どちらも東宝ですが、切磋琢磨しながらますます双方とも興収が伸びているという構図になっています」(前出・映画関係者)

 WINWIN。(zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ