「リアル野球BAN」に燕・村上ら初参戦 日本ハム・中田&杉谷の“挑発合戦”も復活 「中田翔いないと始まらない」「アツすぎる」

 テレビ朝日は16日、お正月の風物詩「とんねるずのスポーツ王は俺だ!!」を来年1月2日午後6時半から放送すると発表。同番組内の人気企画「リアル野球BAN」にはヤクルトの若き主砲、村上宗隆内野手(20)らが初参戦。日本ハムの中田翔内野手(31)、杉谷拳士内野手(29)の挑発バトルも4年ぶりに復活する。

 「リアル野球BAN」は本物の野球場のグラウンド上に卓上ゲームの「野球盤」を再現した野球ゲーム。22年目を迎えた今回は、とんねるずの石橋貴明率いるチーム帝京が、史上最強の打撃陣が集結した侍オールスターと激戦を繰り広げる。

 侍オールスターのメンバーは、日米通算150勝を達成した米大リーグ、ツインズの前田健太投手(32)、ソフトバンクの主砲、柳田悠岐外野手(32)、2年連続の出場となる広島の鈴木誠也外野手(26)ら豪華な顔ぶれ。さらに、打率.350で初の首位打者に輝いたオリックスの吉田正尚外野手(27)とヤクルトの強打者・村上が初参戦する。

 また、今季の打点王に輝いた日本ハムの中田も4年ぶり5度目の参戦。日本ハムのチームメイトで、チーム帝京に名を連ねる杉谷と、ファン待望の挑発バトルが復活する。

 杉谷の打席では、「魂の呼吸、壱ノ型!」と人気アニメ「鬼滅の刃」の戦術にあやかる杉谷に対し、中田が「あんまり調子に乗るなよ!」と一喝する一幕も。杉谷もひるむことなく「俺が成敗してやる!」と意気込みを見せる。また、中田の指令を受けた最年少の村上が「おい杉谷!左で打て!」と煽る場面もあるなど、壮大な挑発合戦が繰り広げられるという。

 チーム帝京は石橋、杉谷のほか強肩強打の阪神・原口文仁捕手(28)、日本ハム・吉岡雄二ファーム打撃コーチ、お笑いタレントのゴルゴ松本の5人で侍オールスターを迎え討つ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ