「NHKの視聴率」 少なくなった“刺さる”番組、「お金を払いたくなる面白いサブスク」目指して

【テレビ用語の基礎知識】

 前回は紅白歌合戦にダメ出ししましたが、NHKには言いたいことが結構あります。中でもとても言いたいのが「なぜNHKなのに視聴率にこだわるのか」ということです。どう考えてもこれほど意味の分からない怪現象はありません。

 われわれ民放の関係者はそれこそ「視聴率に必死」です。視聴率の善しあしによってCMの売れ行きが左右され、業績に直結しますから当然です。でもNHKはCMを売っているわけではありません。NHKが視聴率を取りにいくという行為は民放関係者から見ると「お遊び」ないしは「高貴な趣味」にしか映りません。

 NHKは受信料で成り立っているわけですから、言ってみれば動画配信のNetflixやHuluのようなもの。しかも「絶対に止めることができないサブスクリプション(定額制)」つまり「強制サブスク」ですよね? 最近では「払わないと罰金」みたいなことまで提案されてますから、かなりの強制っぷりです。

 ではなぜNetflixに月々お金を払おうと思うのか? 当然「視聴率」とは関係ありません。他の誰が見てようが見てまいが「私がお金を払っても見たいと思うから払う」んです。この「金を払ってもいいと思うほど」面白くなければならないというのが重要で、つまり契約者に個人的に深く刺さらなければならないわけです。人によっては韓国ドラマが深く刺さるのでしょうし、人によってはアニメ、人によっては全裸監督かもしれません。とにかく「深く刺さって」いる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ