NiziUデビュー曲1位、“歴代2位”の初週31.2万枚 ネット民は「国内向けアイドルより将来性ある」「オッサンには歌詞が聞き取れない」「人気を維持できるか」

 女性グローバルグループ、NiziUのデビュー曲「Step and a step」が初週31.2万枚を売り上げ、14日付オリコン週間シングルランキング(集計期間:11月30日~12月6日)で初登場1位を獲得した。この数字は「女性アーティストのデビューシングル」として歴代2位の売上枚数で、ネット上には「国内向けアイドルより将来性ある」「オッサンには歌詞が聞き取れない」「人気を維持できるか」などと多くの意見が寄せられている。

 同曲は今月2日に発売されたNiziUの本格デビューシングルで、サビ部分で披露する「うさぎダンス」が話題になっている。オリコンによると初週31.2万枚は「女性アーティストのデビュー(1st)シングルによる初週売上枚数」で、昨年4月8日付の日向坂46の「キュン」が記録した47.6万枚に次いで歴代2位の快挙だという。

 このニュースを受け、ネットには「1位おめでとうございます」といった祝福の声のほか、「まずはデビューまでのプロデュースの成功でしょう。あとは、これからの個々の活躍次第かな。結局は一人一人のタレント性だから」「みんなかわいいと思うし曲やダンスもいいんじゃない?日本以外でも活動できるだろうし、そういった意味では今の国内向けアイドルよりは将来性があると思う」などと、今後の活躍への期待を込めたコメントが寄せられている。

 NiziUは、日本テレビ系の情報番組「スッキリ」が今年1月からオーディションや合宿の様子を密着してから注目度が上昇。6月に日韓先行で配信開始したプレデビュー曲「Make you happy」が10万ダウンロードを超える大ヒットを記録して大ブレークした。このような経緯から、「デビュー前から活動していて、デビュー感がほとんどない感じですね」といった旨のコメントが多数。2日の正式デビューを前に紅白歌合戦への出場も決めており、「何でデビュー前から紅白内定してたの?」などと、“国民的番組”への唐突な選出に異を唱えるユーザーも散見される。また、「日テレの肩入れ様と言ったら、ジャイアンツ並」と猛烈な推しを皮肉るユーザーも多い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ