「鬼滅」興収288億円突破 歴代1位まで「あと20億」との表現に、感覚見失うネット民続出

 全国公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、6日までの興行収入が288億4000万円、観客動員数が2152万人に達したと、配給元の東宝とアニプレックスが7日発表した。検索トレンド1位には「288億」の文字が躍り、興収歴代1位の記録を持つ「千と千尋の神隠し」の308億円超えが射程に入ったと、ファンが期待に胸を膨らませている。

 前週と変わらず、国内興収記録は歴代2位のままだが、1位「千と千尋の神隠し」(宮崎駿監督)が記録した308億円まであと20億円弱となった。発表を受けて、「鬼滅の刃」の公式ツイッターも「大変多くの方にご覧いただき、本当にありがとうございます。映画館へ足を運んで下さることに日々感謝しながら、これからも興行を続けて参ります」と感謝のツイートを発信。

 ツイッターやネットニュースのコメント欄では、「マジで千と千尋超え見えてきたな…」「千と千尋の神隠しの背中が見えてきました」など、歴代1位の記録更新が射程に入ってきたと期待を込めるファンの声が多数寄せられている。中には「500億は超えそうな気がする」との大胆予想も。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ