JUJU、ディズニーアニメ最新作で歌う 「ソウルフル・ワールド」日本版エンドソング

 歌手、JUJU(年齢非公表)が、ディズニー公式動画配信サービス、Disney+(ディズニープラス)で、12月25日から独占配信される新作アニメ「ソウルフル・ワールド」の日本版エンドソングを歌うことが25日、分かった。

 同作の舞台は、生まれる前に「どんな自分になるか」を決める魂〈ソウル〉の世界で、プロのジャズミュージシャンを夢見る音楽教師・ジョーと人間に生まれたくないと何百年も魂の世界にいる「22番」と呼ばれるソウルの物語を描く感動作。

 JUJUは、シンガーになることを夢見て、単身で米ニューヨークへ渡り、時に挫折を感じながらも下積みを経て成功。模索し続けてきた日々を振り返り、「22番が自分に似ていて驚きました」と感嘆した。

 JUJUの曲がディズニー作品の日本版エンドソングに起用されるのは今回が初。自身の代表曲「奇跡を望むなら…」を新たにジャズ・アレンジし、「奇跡を望むなら…(ソウルフル・ワールドver)」に新録した。

 「この曲を2006年にリリースした際に、つらい時こそ自分のことを諦めないこと、奇跡を望むことの大切さをたくさん教えられました」と語り、「私にとって大きな転機となった曲を選んでいただき、本当にうれしかった。本編の内容に沿ってアレンジし直す作業もとてもワクワクしました」と声を弾ませた。

 デビュー17年目で紅白歌合戦への初出場が決定したJUJU。大みそかよりひと足早く、聖なる夜に魂を揺さぶる“奇跡の歌”で人々を癒やす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ