鬼滅、「アナ雪」超え!興行収入259億円突破 公開39日間で歴代3位

 先月16日に公開されたアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)の興行収入が259億1704万3800円に達し、国内歴代3位になったことが24日、分かった。配給元の東宝とアニプレックスが発表した。

 15日までの公開31日間では興収233億円で歴代5位だったが、23日までの39日間で、これまで4位だった「君の名は。」(2016年公開)の250・3億円と3位の「アナと雪の女王」(14年公開)の255億円を“ゴボウ抜き”。

 「鬼滅の刃」は公開6週目で興収250億円を突破し、「アナ雪」の19週目を大きく更新。興収歴代2位の「タイタニック」(1997年公開)が記録した262億円超えが確実になり、興収308億円で歴代1位の「千と千尋の神隠し」(2001年公開)超えも視野に入れた。

 「君の名は。」でメガホンを執った新海誠監督(47)は自身のツイッターで、止まらない“鬼滅ブーム”に「ええっ、もう!?笑」と反応。「悔しいなあと思いつつも、記録が常に上書きされていくのもエンタメの持つ健全さですね。僕も良い映画が作れるよう、せめて日々がんばります」と快挙をたたえた。

 「鬼滅の刃」の観客動員数は1939万7589人に。興収歴代1位に向けた“猪突猛進”の勢いは止まりそうにない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ