NHKネット業務実施基準案、総務省が認可へ

 総務省は24日、NHKがテレビ番組をインターネット配信する費用の上限を年額200億円とする実施基準案を「認可適当」とする判断を示した。一般からの意見募集を25日から12月24日まで行った上で、来年の電波監理審議会に正式に認可の可否を諮問する。

 ネット活用業務の予算をめぐっては、NHKが9月、受信料収入の2・5%としていた上限の撤廃を表明。ただネット業務の肥大化を懸念する声が高まり、200億円を上限とする案を今月10日に総務省に認可申請していた。

 NHKは令和3年度から3年間のネット活用業務予算を年額189億~192億円としている。2年度予算の189億円より増えているが、総務省は、地方向け番組の見逃し配信強化なども含まれ「おおむね一定の合理性がある」と判断した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ