群響中止の5公演、来年度復活「芸術の灯、絶やさぬ」 

 群馬交響楽団は令和3年度の定期演奏会の日程・プログラムを発表、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止を余儀なくされた5公演のリバイバルを含む10公演を、高崎芸術劇場(群馬県高崎市栄町)で行う。コロナ禍の状況による不確定要素もあるが、群響では「芸術文化の灯を絶やすことなく音楽を届けるのが、楽団の使命と再認識している」と意気込んでいる。(椎名高志)

 リバイバルとなるのは、第567回(4月17日)▽第568回(5月22日)▽第572回(10月3日)▽第574回(令和4年1月22日)▽第575回(同年2月27日)-の5公演。

 第575回は今年2月に開催される予定だったが、リハーサル初日を終えたところで政府からの自粛要請によって中止になった。演目はマーラーの交響曲第2番「復活」。出演する群響合唱団にとっては、高崎芸術劇場での群響との初共演となる。2年越しの公演は文字通りの「復活」という待ち望んだ舞台となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ