NHK、MISIA落馬骨折も紅白降板検討せず 「NEWS23」冒頭で小川アナが謝罪

 歌手、MISIA(42)が15日にTBS系「NEWS23」の乗馬ロケで落馬し、背骨の一部を骨折し、全治6週間の重傷を負ったことが本紙報道で明らかになった19日、所属事務所は「まだ痛みはありますが、元気に話はできます」と容体を明かした。

 現在、MISIAは東京都内の自宅で体にコルセットを巻き、鎮痛剤を飲んで安静にしており、23日のニッポン放送「MISIAのオールナイトニッポンGOLD」(後10・0)で肉声を発表する予定。今後は通院やリハビリもするという。

 事故はロケ中にMISIAの乗った馬が、急に走り出して起きた。取材クルーの動きに反応した可能性があり、ロケに同行していた「NEWS23」の小川彩佳キャスター(35)はこの日の番組の冒頭で、「本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」と深々と頭を下げて謝罪した。

 ロケは来週中旬の放送で調整されているが、12月のMISIAの東京公演と3年連続出場の決まった大みそかのNHK紅白歌合戦までに回復するか心配される。その点について、NHK広報部は「ご出演いただけるよう、1日も早い回復を願っております」として降板は検討していない。

 ネット上には彼女の体調を心配して励ます声が殺到。所属事務所は「MISIAも勇気づけられています。後遺症などなく完治してほしい」と祈るように話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ