“人妻役”石原さとみ「今の自分だからこそできる作品」結婚発表後初ドラマ

 女優、石原さとみ(33)が、来年1月4日放送のテレビ東京系新春ドラマスペシャル「人生最高の贈りもの」(後8・0)に主演することが19日、分かった。年内に一般男性と結婚することを発表後初のドラマとなり、家族の絆を描く感動作。余命宣告を受け、父親と最後の時間を過ごす人妻役を演じる。石原は「自分自身の生活にも豊かさを生み出すことに幸せを感じられる今の自分だからこそ、できる作品」と、力を込めた。

 年内の結婚を発表した石原が、家族の絆を描く感動作で人妻を演じる。

 「人生最高の贈りもの」は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などで知られる脚本家、岡田惠和氏、日本テレビ系「池中玄太80キロ」シリーズを手掛けたキャリア60年以上を誇る重鎮演出家、石橋冠氏がタッグを組むヒューマンドラマ。

 石原が演じるのは、主人公・ゆり子。長野で教師の夫と穏やかに暮らしていたが、余命宣告を受け、東京で1人暮らしをする父のもとへ理由を明かさず帰省。自分に残されたわずかな時間、父娘で2人暮らしを始める。

 石原は、10月1日に同年代の男性会社員と年内に結婚することを発表後、初のドラマ出演。これまでの出演作では小悪魔系女子、法医解剖医、出版社の校閲部員など個性的な役柄や職業のヒロインを多く演じてきたが、今作では、ごく普通の等身大の人妻で娘役に挑戦する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ