GReeeeNが紅白初出場、ファンは大興奮「紅白は神」「見るしか無い」「一番うれしい」 なかには「どうやって」の声も

 大みそか恒例の「第71回NHK紅白歌合戦」(後7・30)の出場歌手が16日、東京・渋谷の同局で発表され、連続テレビ小説「エール」の主題歌「星影のエール」を歌う男性4人組グループ、GReeeeNも企画枠で初出場することが決定。ネット上には「GReeeeN紅白は神」「GReeeeNが出るなら見るしか無い」「一番うれしい」などと歓喜するファンの声が寄せられている。

 朝ドラ「エール」は人々の心を音楽で勇気づけ、激動の昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描いた作品。新型コロナウイルスの感染拡大で深刻な影響が出た今年、主題歌「星影のエール」は日本中に勇気と希望を与えてきた。

 今年の紅白のテーマは「今こそ歌おう みんなでエール」。2007年のデビュー以来、姿を明かしてこなかったGReeeeNが、この曲のスペシャルパフォーマンスを大みそかのNHKホールから届けることが発表された。

 このニュースを受け、GReeeeN公式スタッフアカウントが「出場が決定しました!スペシャルパフォーマンスを大晦日のNHKホールからGReeeeNがお届けします」と報告のツイート。さっそくファンから「GReeeeNさんを聴きながら過ごせる大みそか、もうすでに大きなエールです~!」「嬉しいです!年末マジで楽しみにしてます!」「どんなパフォーマンスになるんだろうかなぁ~。今からかなりワクワクしています」「今は涙が止まりません」などと、リプ欄に祝福のコメントが殺到している。

 同グループが結成された福島県郡山市にあるタワーレコード郡山店の公式ツイッターも、「なんと!GReeeeNの紅白初出場が決定!おめでとうございます。連続テレビ小説『エール』の主題歌『星影のエール』をスペシャルパフォーマンスで披露!これは楽しみすぎます」と喜びのツイートを発信するなど、地元でも盛り上がりを見せている。

 メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動する“覆面グループ”としても知られており、今年8月に放送した「ライブ・エール ~今こそ音楽でエールを~」ではARを駆使した映像演出で大いに話題となった。すでにツイッター上では「どうやって出んの(汗)」「顔出せないからどうするんだろう」「顔だしすんの」「シルエットかと…」などと、一年を締めくくる無観客のNHKホールでの演出方法にも注目が集まっている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ