NHK朝ドラ「エール」、三木眞一郎&恒松あゆみ“顔出し”出演にネット騒然 「ダブルオー!」「ロックオンとマリナ姫じゃん!」

 NHK連続テレビ小説「エール」の第111話が16日、放送され、劇中に人気声優の三木眞一郎と恒松あゆみが“顔出し”出演し、ネットで多くのファンが喜びを爆発させた。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く同作。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、裕一の妻、音は女優の二階堂ふみが演じる。

 第111話では、裕一と劇作家の池田二郎(北村有起哉)がタッグを組んだラジオドラマ「君の名は」の制作シーンが描かれた。もともとこのドラマは、3組の家族が交差する骨太の社会派ドラマとして構想されていたが、出演者が相次いで病欠となったことで、急遽(きゅうきょ)、男女がすれ違いを繰り返す恋愛ドラマに方針転換。そのなかで三木は後宮春樹役、恒松は氏家真知子役の声優として出演した。

 三木と恒松といえば、人気アニメ「機動戦士ガンダム00(ダブルオー)」シリーズで共演するなど、多くの話題作に出演している。人気声優が役者として思わぬ形で顔出し出演するというレアな映像にネットが朝から沸き、ツイッターでは「三木眞一郎」「三木さん」といったワードがトレンド入り。ヤフーのトレンドランキングでも「恒松あゆみ」が1位になるなど、2人の共演は大きな反響を呼んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ