氷室京介展でアクセサリー2点盗難、大阪府警捜査でネットに厳しい声「ファンじゃない」「一番やったらアカンこと!」「1日も早く返して!」

 9月5日から10月10日まで大阪市内で開催された「氷室京介展LX-揺るぎなき美学と挑戦-」の展示品で、ロック歌手の氷室京介がコンサートで身に着けたアクセサリー2点が盗難被害に遭っていたことが明らかになり、産経ニュースなどのメディアが11日、一斉にこれを報じた。ネットには氷室ファンを中心に厳しい声が集まっている。

 産経ニュースによると、盗まれたのは首飾りのロザリオとチョーカー。大阪府警曽根崎署が窃盗容疑で調べている。会場内の別々のマネキンに装着されていたが、9月18日に警備員がなくなっていることを確認。主催する読売新聞大阪本社が同署に被害届を提出したという。会場内の防犯カメラの映像には、発覚前日の17日昼に黒い服装の男がアクセサリーをマネキンから外す様子が写っていた。

 イベントのHPによると、2点は氷室がコンサートで頻繁に着用していたもの。特にロザリオは、2016年にライブ活動を無期限休止する前の最後のコンサートツアーとなった「KYOSUKE HIMURO LAST GIGS」の全7公演で身につけていた。氷室自身が今後、ファンの前でもう一度歌う機会があるとすれば、必ず身につけたいと考えていたほど、大切なアクセサリーだという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ