中川大志、アニメ監督の細かすぎる指示も「自分も気難しい監督役をやったことがあるので分かる」

 俳優、中川大志(22)が7日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われたアニメ映画「ジョゼと虎と魚たち」(12月25日公開)のジャパンプレミアに出席した。

 同作は絵と本が好きで想像の世界に生きる車椅子のジョゼと、海洋生物に憧れを抱く大学生、恒夫の交流を描く。中川は恒夫、ジョゼを女優、清原果耶(18)が担当した話題作で、開催中の東京国際映画祭の特別招待作品だ。

 アフレコではタムラコータロー監督の指示が「細かすぎ」と苦笑。それでも「自分も気難しいアニメ監督役をやったので(監督のこだわりは)分かります」と笑顔。昨年出演したNHK連続テレビ小説「なつぞら」が糧になったと明かした。

 中川にとっては先月20日に新型コロナウイルス感染から仕事復帰後、初の公の場となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ