綾瀬はるか、高橋一生と魂が入れ替わる 1月の新ドラマ設定にファン興奮 トレンド入りで結婚疑い動揺も

 女優、綾瀬はるかが来年1月スタートのTBS系連続ドラマ「天国と地獄~サイコな2人~」(日曜後9・0)で刑事役に初挑戦すると、5日付けの、サンケイスポーツなどが報じた。このニュースを受け、「綾瀬はるか」が検索トレンド上位に急上昇。ネットでは、ドラマの内容に期待するファンの声が寄せられている。

 助演ながら女優として綾瀬の評価を確立させた代表作と言える2004年の「世界の中心で、愛をさけぶ」、06年「白夜行」、09年「JIN-仁-」や、18年の主演作「義母と娘のブルース」(全てTBS系)を手がけた脚本家、森下佳子氏によるオリジナル作品。今作で主演を務める綾瀬にとって初の女刑事役で、俳優、高橋一生扮する頭脳明晰なサイコパスの殺人鬼と魂が入れ替わる難役に挑戦する。さらに「善と悪」「女と男」が複雑に交錯するエキサイティングな内容だ。主人公の家に居候するフリーター役で柄本佑、天敵の先輩刑事役で北村一輝も出演する。

 このニュースを受け、綾瀬のファンは「大好きな役者さんだからドラマ始まるのうれしい」「期待が膨らんで止まりません」と歓喜。綾瀬が16~18年放送されたNHKの大河ファンタジー 「精霊の守り人」や、17年の日本テレビ系ドラマ「奥様は、取り扱い注意」で見せたキレッキレのアクションを引き合いに出した「綾瀬はるかの殺人鬼、身体能力高くて怖すぎです」との書き込みも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ