東日本大震災から10年…被災地舞台のアニメ3作品を来年放送・公開

 2011年3月11日に発生した東日本大震災から10年となる来年、フジテレビは被災地を舞台とするアニメーション作品3本を制作する。

 「ずっとおうえん。プロジェクト2011+10…」と名付けられた推進プロジェクトで、特に大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の各県が舞台。以下の作品が発表された。

 TVアニメ「バクテン!!」(宮城県岩沼市ほか)は来年4月期に同局「ノイタミナ」枠で放送予定、キャストは土屋神葉ほか。長編アニメ映画「フラ・フラダンス」(福島県いわき市)は来年初夏公開予定で、フラ初心者の主人公・夏凪日羽役を福原遥が務める。さらに長編アニメ映画「岬のマヨイガ」(岩手県大槌町、遠野市ほか)は来年公開予定。

 同局は震災発生直後に被災地支援の一環として「こどもおうえんプロジェクト」を立ち上げ、おもちゃや絵本、文房具などを被災地へ送ったり、アナウンサーらが避難所や保育園、幼稚園を訪れ「出前食育イベント」や「朗読イベント」を開催したりするなどの支援を行った。

 12年4月からは、大人まで対象を広げ「ずっとおうえん。プロジェクト」として支援を継続している。

 アニメ作品をきっかけに、いわゆる“聖地巡礼”として多くの人々に被災地を訪れてもらい、自然の美しさ、文化の深さ、食の豊かさなどに触れることで次の10年、20年へとつながっていく長期的な支援を目指す。今後、地元自治体や企業とも連携しながら多角的に展開していく予定で、各市長、町長からもコメントが寄せられた。

 同局の高瀬透子統括プロデューサーは「16年にこのプロジェクトをスタートさせたが、それぞれのスタッフは舞台となった地を足しげく訪れ、当地の見どころ、魅力に触れ、作品を見ていただいた方々にその良さをお伝えしたいという思いで取り組んでいる。今後、3作品を通しての施策なども進めていきたい」と話している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ