森且行、日本選手権Vで古市氏がコメント SMAPファン涙「その感じ、すごくわかる」「泣けるじゃないか」

 オートレースの日本選手権で元SMAPのメンバー、森且行(46)が初優勝したことを受け、社会学者の古市憲寿氏(35)が4日放送の情報番組「とくダネ!」(フジテレビ系)に出演し、「SMAPがもう一度、一瞬だけですけども、そろった感じがした」と述べた。このコメントにネットではSMAPファンから賛同の声が相次いでいる。

 番組ではこの日、森が4度目のSG優勝戦進出で、悲願の初優勝を果たしたことを報じ、元SMAPメンバー5人の祝福コメントを紹介した。

 稲垣吾郎(46)、草なぎ剛(46)、香取慎吾(43)は連名でコメントを寄せ、「念願の日本選手権での初優勝、おめでとう」と栄光をたたえた。中居正広(48)は所属する個人事務所を通じてコメントを発表し、「直接おめでとうは、ご本人にお伝えしましたが、改めて、、、。森~っ!おめでとう!やったなぁ」と感激。木村拓哉(47)は所属するジャニーズ事務所を通じて「それぞれの選んだ道で、それぞれが掴むもの。今後も健闘を祈ります」(原文ママ)とコメントした。

 これらの言葉に古市氏は「今回5人がコメントを寄せたことでSMAPがもう一度、一瞬だけですけども、そろった感じがした」と強調。さらに同局系で放送されていた「SMAP×SMAP」で森が最後に出演した回を思い出し、「森さんがやめたときに中居さんが確かインタビューで言ってたんですけど、森さんがやめたことがすごい腹立たしいって。6人でおじいちゃんになるまでSMAPをやりたかったのにってことを言っていて。結局、SMAPって6人でもないですけど、その代わりに森さんが夢をかなえたっていうのは、すごい素敵だなって思いました」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ