海老蔵、歌舞伎版「鬼滅の刃」は「われわれ世代の俳優ではなく…」

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(42)が3日、大阪・道頓堀川で船上イベント「日本の劇場文化復活祈願祭」を行い、長女の市川ぼたん(9)、長男の勸玄君(7)らの世代で歌舞伎版「鬼滅の刃」の夢プランを語った。

 コロナに負けない劇場文化を大阪から盛り上げようと発起人を務め、船上舞台で「傾奇者が大阪の伝統文化復活に火をつける」と演舞「迦具土之舞(かぐつちのまい)」(「SOU~創~」より 作・長田育恵)を披露。今回が大阪“初舞台”となるぼたん、勸玄君も見守った。

 イベント前の会見では前日に大阪市内で大ヒット中のアニメ映画「鬼滅の刃」を親子3人で鑑賞したことが話題に。

 「コロナ禍によってある意味生まれ、映画化されてこのような結果を残し、映像も素晴らしい作品。客層は伝統文化よりお若い。やはりおもしろいもの、楽しいものにはお客さまが集まる」

 この日、一部メディアでは歌舞伎版「鬼滅の刃」の配役候補の名が報じられたが、「伝統文化の古典の中で、そのような形が模索できればいいな。われわれ世代の俳優ではなく、せがれとか娘のような子供たちが歌舞伎の裾野で進められればよいのかな。特に決まってないですが」と笑顔で話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ