「鬼滅」の興収157億円に 国内歴代10位、公開17日で

 全国公開中のアニメ映画「劇場版『鬼滅(きめつ)の刃』無限列車編」の興行収入が1日までで157億9000万円に達したと、配給元の東宝とアニプレックスが2日に発表した。

 公開からわずか17日間で、宮崎駿監督の「崖の上のポニョ」(最終興収155億円)やジェームズ・キャメロン監督の「アバター」(同156億円)などを抜き、国内興収歴代10位となった。

 原作は吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの漫画で昨年アニメ化され人気が沸騰。鬼に家族を殺された主人公が鬼と化した妹を人間に戻すため壮絶な戦いに挑む物語で、映画では「無限列車」に乗り込んだ主人公らと鬼との戦いを描く。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ