本田望結が若手女優の“登竜門”高校サッカーの応援マネに就任 「お似合い」「なんか違う」など賛否

 女優でフィギュアスケート選手の本田望結(16)が、12月31日に開幕する第99回全国高校サッカー選手権大会の16代目応援マネジャーに選ばれた。若手女優の“登竜門”として知られるポストへの就任に「お似合い」「すでに有名だしなんか違う」など、さまざまな意見がネット上で飛び交っている。

 16歳の誕生日を迎えた時に、目標として「高校サッカーの応援マネジャーになる!」と携帯のメモに書いていたという本田は、“冬の風物詩”高校サッカー選手権を中継する日本テレビの公式サイトで「夢だったので嬉しかったです。歴代マネジャーも素晴らしい女優さんばかりなので、ずっと憧れていました」などと喜びを語っている。

 同世代の選手たちには「勝ち・負けを争う競技ですが、練習してきた成果を全力で出しきってもらいたいです」とエール。「私もフィギュアスケートと女優、どちらも大好きなので、続けられていることに感謝し、これから先もずっと“滑って踊れる女優さん”を目指していきたいと思っています」などと語っている。

 ファンからはさっそく「子役の時輝いてたのにもう今は違う輝き放っててスゴイ! これに選ばれるって女優としての登竜門だから頑張ってほしい!」「望結ちゃん可愛い」などと歓迎するコメントが多く寄せられている。

 歴代の応援マネージャーは初代の堀北真希さんに始まり、新垣結衣(2代目)や川口春奈(7代目)、広瀬すず(10代目)など名だたる女優たちが本格ブレークを迎える前に抜擢されてきた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ