「サタンが取り憑いた」大浦龍宇一、結婚直後の入信で妻困惑

 なれそめは舞台での共演。その後、一緒に曲作りをするうちに交際に発展したという。しかし、結婚後わずか4か月で離婚騒動が勃発していた。

 「昨年7月、ゆりえさんが、離婚を前提に別居を始めたとSNSで告白したのです。ところが大浦さんはそれを“夫婦げんか”と否定。その後は関係が修復したようで、互いのブログで仲むつまじい様子が見られていました」(芸能関係者)

 しかし、ゆりえの側は、入籍直後から違和感を覚えていたようだ。発端は、大浦がある宗教に入信したこと。そう聞かされたゆりえは、突然のことに戸惑いながらも、信仰の自由はあるし、それで気持ちが落ち着くのならいいことだと理解を示そうとしていたという。しかし、《それ以来、夫は変わり果てて行きました》とブログで語るゆりえ。大浦の変化は、そのまま夫婦の関係を劇的に変えた。

 《私と真剣に向き合い、自分の言葉で話し合いを重ねてきた夫はこの世から姿を消し、今は常に神のお告げにのみ心を傾けるようになりました》

 夫の信じる神の存在は、夫婦の関係だけでなく、夫の言動も変えていく。

 《私が仕事のために実家に帰ると、サタンが取り憑いたと言われたりもしました。私にはよくわかりません》

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ