「教場」続編に乃木坂・ひなちま抜擢 髪30センチカットの“答え合わせ”に「点と点が繋がった」

 フジテレビは27日、2021年の新春に二夜連続で放送する木村拓哉主演のSPドラマ「教場2」(仮)に、アイドルグループ、乃木坂46の樋口日奈が出演することを発表。推しメンが人気ドラマの続編に大抜擢され、ファンは「教場に出るのか!」「オファーで出演なんてすごすぎ」などと歓喜に沸き立っている。

 「教場」はベストセラーとなった長岡弘樹氏の同名小説を原作としたドラマで、警察学校を舞台に展開するミステリー。木村主演で今年1月に2夜連続放送され、好評を博した。今回はその続編となる。これがゴールデン帯ドラマ初出演となる樋口が演じるのは、木村演じる冷徹で“最恐”の教官・風間公親の200期生徒で、争いを好まない温厚な生徒・坂根千亜季。この役のためにデビュー以来守ってきたロングヘアをおよそ30センチカットし、体当たりで演じる。

 樋口も、自身の公式インスタグラムで「2021年新春フジテレビ系二夜連続放送『教場2』(仮)出演させて頂きます! 長かった髪の毛をバッサリ切ったのはこのためでした。日々、一生懸命がんばっています。宜しくお願い致します!」と発表。キリッとした表情の制服警察官姿を披露した。

 ツイッターやネットニュースのコメント欄には、「ドラマ出演おめでとう」「ちまちゃん嬉しすぎるー!」「教場に出るのか!!! すげえ!」「え?あのキムタクのやつじゃん!! ちますげーなおい!!」など、人気ドラマへの大抜擢を喜ぶファンの書き込みが殺到している。同ドラマへの出演を予想する噂もあったことから、「ついに発表きたーーーー!」「待ってたよこの日を」「やっぱりひなちまだった」との反応も見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ