劇場版『鬼滅の刃』、興収最速100億円突破 「千と千尋」超えにネット民「歴史に名を刻む作品」「だいぶ悔しい」

 今月16日から全国公開中の話題のアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の興行収入が25日までに107億円に達したと、配給元の東宝とアニプレックスが26日発表した。公開10日間での100億円突破は日本の映画史上最速。これまでの記録は国内興収歴代1位の宮崎駿監督作「千と千尋の神隠し」(2001年、最終興収308億円)の25日間で、2週間以上も早い達成となった。これを受けてネットでは「歴史に名を刻む作品になる」「だいぶ悔しい。しかし鬼滅は悪くないんだ」「どっちも凄い!」などさまざまな意見が飛び交った。

 「鬼滅の刃」は全国403館で上映され、24、25日の土、日曜日だけで227万人以上を動員。複数のスクリーンを使って上映しているシネマコンプレックスが多く、平日も多くの観客が映画館に詰め掛けている。

 『鬼滅の刃』公式ツイッターはこれを受け、《大変多くの方にご覧いただき、心より御礼申し上げます。観てくださったお一人おひとりに、そして、作品を届けてくださっている映画館関係者の方々に、本作を楽しんでいただけていれば幸いです》との感謝のメッセージを投稿。リプ欄には「もう6回観に行きました。感動をありがとうがとうございます」「素敵な作品をありがとうございました」「旦那がボロ泣きでした!」「海外で人気になればいいね」といったコメントのほか、「アメリカでも公開してほしい」との英語による書き込みも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ