結婚発表のナイナイ・岡村隆史 「モテない芸人」の実はモテモテ遍歴

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史(50)に春が来た。10月22日深夜放送のラジオ『ナインティナインのオールナイトニッポン』で、30代の一般女性と結婚していたことを発表した岡村。今田耕司(54)、チュートリアル・徳井義実(45)、ピース・又吉直樹(40)と独身芸人の「アローン会」を結成していたが、そこから一足先に抜け出した形となる。

 ラジオの中で岡村は、「(結婚相手と)知り合ったのは10年くらい前」と明かした。それから長く友人関係を続け、「グワーッと近づいたのはこの半年くらい」だという。ラジオでの失言問題で落ち込んでいた岡村を、女性が支えたことが大きなきっかけになった。

 「お付き合いしてください」とは言っておらず、ある日、ドライブの帰りに駐車場に止まった瞬間、「こんなところでごめんなさい、結婚してください」と突然のプロポーズ。女性は「こんなとこで? 今!?」と驚いた様子だったが、無事2人はゴールイン。10月10日に婚姻届を提出した。

 これまで岡村は、「21歳から彼女はいない」と公言し、“モテない芸人”キャラを確立していたが、実際には多くの女性からモテモテだった。

 有名なのは、女優の葉月里緒奈(45)だろう。1999年、2人とも20代だった頃のこと。“恋多き女”として知られていた葉月は岡村と西麻布のバーで会い、告白。真っ赤なドレスを着た葉月が「私ってYESなの? NOなの?」と詰め寄り、岡村が断ったことを本人が明かしている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ