NHK朝ドラ「エール」の藤堂先生とプリンス久志が「SONGS」で夢の競演! ファン興奮「奇跡のような時間」「コラボ楽しみ」

 クオリティーの高いサウンドと映像で、J-POPの名曲を紹介する大人のための音楽番組「SONGS」(NHK総合)の31日放送分(午後11時~)に、シンガー・ソングライターの森山直太朗と、歌手で俳優の山崎育三郎が出演することが20日、わかった。2人は現在放送中の連続テレビ小説「エール」で共演しており、視聴者には“藤堂先生”と“プリンス久志”として親しまれている。歌番組で実現したツーショットにドラマファンも大喜びだ。

 前回東京五輪の「オリンピック・マーチ」など、数々の名曲を残した福島県出身の作曲家、古関裕而さんと、妻で歌手として活躍した金子(きんこ)さんをモデルに、音楽とともに昭和を駆け抜けた夫婦の絆を描く「エール」。主人公の古山裕一役を俳優の窪田正孝が務め、その妻、音を女優の二階堂ふみが演じる。

 森山が演じるは、裕一の小学校の担任で、裕一の音楽の才能にいち早く気づき、作曲家の道を歩むようバックアップしてきた人生の恩師、藤堂清晴。一方の山崎は、裕一の小学校時代の同級生で、音楽学校卒業後、苦労を重ねて歌手デビューを果たした佐藤久志役を演じている。久志は藤堂先生に背中を押され歌手を目指し、裕一とともに歴史的な名曲を生み出していくという役どころだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ