「立ち位置あの頃のまま」のんと橋本愛の2ショットに「胸熱!!」 7年ぶりの共演「もうないと思ってた」

 女優で創作あーちすと・のんが主演する映画『私をくいとめて』(12月18日公開)に橋本愛が出演することが20日、発表された。2013年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来、7年ぶりとなる共演に、胸を熱くしたファンが沸き立っている。

 脳内に住む相談役「A」と一緒に平和な日常を過ごしていた31歳独身女性が、ある日、目の前に現れた年下の営業マンに恋をして…というストーリー。主人公をのん、年下の営業マンを林遣都が演じる。『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞した綿矢りさ氏の同名小説を原作に、メガホンをとるのは、『勝手にふるえてろ』でも綿矢氏とタッグを組んだ大九明子監督。橋本は、のんが演じる主人公の親友を演じる。

 ツイッターやネットニュースのコメント欄には「なんですってー!」「共演するってまじ?」「ふおおおおおお!」「胸熱!!」と興奮したファンの声が殺到。何よりも「え、待って橋本愛ちゃんなの!!やばいあまちゃんじゃん」「嬉しい あまちゃんのあの2人が7年振りに共演するー」「あまちゃんファンにはたまらないニュース」と、2人が共演した朝ドラ「あまちゃん」のファンが歓喜に沸いており、「大人になった潮騒のメモリーズ」「これが本当の『潮騒のメモリーズ』再結成」「他のドラマで見かけても『橋本愛ちゃんだ』と思っていたのに、のんちゃんと並ぶと途端に『ゆいちゃんだー!』となる不思議」と、劇中で2人が演じたご当地アイドルデュオを連想するユーザーが続出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ