劇場版『鬼滅の刃』公開3日で興収46億円、動員342万人

 16日に公開されたアニメ映画「劇場版 『鬼滅の刃』 無限列車編」(外崎春雄監督)が週末3日間で観客342万493人を動員し、興行収入46億2311万7450円を記録したことが19日、分かった。

 東宝などによると、公開初日の16日に91万507人を動員、興収12億6872万4700円と、平日に国内で公開された映画の動員・興収の歴代1位を獲得。17日は127万234人で17億172万3350円、18日も123万9752人で16億5266万9400円を記録し、土日における国内で公開された映画の興収・動員でも歴代トップに輝いた。

 週末3日間の数字は、昨年に興収140億円を超えた新海誠監督(47)のアニメ映画「天気の子」の16億4000万円、115万人の約3倍にあたる。新海監督はツイッターで「ひえー…日本の映画興行でこんなことがあり得るんですね。まさに快挙!」と祝福した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ