「今でもピカピカに光ってる」 宮崎美子40年ぶりのビキニ姿にネット民騒然 志村けんさんを思い出すユーザーも

 芸能生活40周年を迎えた女優、宮崎美子(61)が40年ぶりにビキニ姿を披露し、年齢からは想像がつかないほど整ったそのスタイルに、「昔と変わらず可愛い」「綺麗すぎて焦った」などネット民が騒然となっている。

 宮崎がビキニ姿を見せているのは、初カレンダー「2021年度版カレンダー&フォトブックセット」(ハゴロモ、税別6000円)で、1980年にコニカミノルタ(当時はミノルタ)のCMでデビューした時と変わらぬ豊満な健康美で魅了している。同CMは歌手、斉藤哲夫(70)が歌う「いまのキミはピカピカに光って」のメロディーにのせ、ジーパンを脱いでビキニになる姿が話題を呼んだ。今回の撮影を担当したのは、熊本大在学中の宮崎を「週刊朝日」の表紙で撮影し、同CMの出演をオファーした写真家の篠山紀信氏(79)。

 ツイッターや、ネットニュースのコメント欄には、「うわ~ めちゃ可愛い」「体型綺麗すぎか」「61歳であのスタイルやべえなぁ」など、その整ったスタイルに驚愕するユーザーが続出。「えぇ………。そのスタイルはズルすぎんか…? 61歳のスタイルと違う…。肌のハリも良く、体型維持が素晴らしい。そして昔と変わらず可愛い」「あの優しいほっこりしたお母さんの役の宮崎さんが、、スタイルすばら いやほんと!なんか元気もらえた」「すっごくスタイル良い!それにとっても健康的な感じ」「還暦越えてもビキニがお似合いなんて、レジェンドの枠を越えちゃってます!」など、絶賛するコメントが殺到している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ