深いクラシックカーへの思い入れ きっかけはイタリア旅行で見物した伝統のレース

【生涯現役「堺正章」という生き方】

 歌手、俳優、司会-。マチャアキこと堺正章は超一流のマルチタレントだが、趣味も多芸である。中でもクラシックカーへの思い入れは深く、彼の名は世界中の愛好家たちに知られている。

 クラシックカーへの傾倒は、マチャアキが1989年にイタリアに旅をしたとき、クラシックカーの耐久レース「ミッレミリア(意味は1000マイル)」を現地で見物したのがきっかけだった。

 27年に自動車レースとして始まり、一時中止を経て、77年に復活した世界のクラシックカー愛好家が一般道を走るレース。路上をアルファロメオ、ランチア、スタンゲリーニ、MGなどの名車が走り抜けていく。

 ドライバーのファッションも車の年式時代のまま、クラシックである。

 「コンピューター時代に頼らない車が、人間のあたたかい手入れによって颯爽と走る。夢のような現実だった」

 そのときのマチャアキの衝撃である。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ