加藤浩次が肺炎の疑いで入院…ネット衝撃「ええ…」「肺炎は大変」 2度のPCR検査は陰性

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)が肺炎の疑いで入院したことが13日、わかった。加藤がMCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・0)で同局の水卜麻美アナウンサーから発表された。加藤は9日から発熱のため大事を取り、同番組を欠席していた。

 昨日12日の放送も欠席し、番組では水卜アナが「加藤さんはPCR検査の結果、陰性でした。でも、37度台の微熱が続いているので、お休みされます。お大事にしていただきたいと思います」と伝えていた。13日の放送では、冒頭で水卜アナが加藤について「昨日も再び新型コロナウイルスのPCR検査を受けました。結果は前回に続いて陰性だったのですが、肺炎の疑いがあるという診断を受けまして入院して検査と治療を受けることになりました」と説明。「まずはゆっくりしていただいて、体調が万全に回復するまで『スッキリ』をお休みいただいて治療に専念していただきたいと思っています」と続けた。

 2度のPCR検査はともに陰性だったが、肺炎の疑いで入院することになった加藤。視聴者の間で衝撃が走り、ネットには「ええ…加藤さん入院したんだ!?」「加藤浩次さん、心配やね…」「早く治してスッキリに復帰してほしいなぁ~」など、心配する投稿が集まった。

 また、新型コロナウイルスの感染を疑う人も少なくなく「加藤浩次肺炎で入院…大丈夫?コロナ陰性と言っているけど」「検査結果が陰性だからと言ってそもそも安心できる信頼度ではないし」「肺炎の疑いで入院って、それはコロナじゃないか?」「芸能人で3回目で陽性の人いたよね」といった書き込みも。一方で「2度のPCRは陰性で、精度を疑う声もあがっているけど、まぁ普通にコロナじゃなくても肺炎なるからな」「新型コロナであろうがなかろうが、肺炎は大変」と強調する人もいた。

 朝の顔として活躍する加藤だけに「加藤浩次がいないスッキリはなんかつまんないな~」「スッキリには加藤さんいないと寂しいなぁ…」と吐露する視聴者も多い。「無理せずゆっくり休んでください」「今はゆっくり休んで元気になって、また朝加藤さんの声が聞けるの待ってますね」といった声もネット上に寄せられている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ