石原さとみ 結婚相手は「創価高校時代の同級生が紹介」か

 10月1日に結婚を発表した石原さとみ(33才)。本人は周囲に「普通のサラリーマンです」と語っているようだが、石原の知人によれば、「かなりのエリートサラリーマン」とも。そんな2人の出会いのきっかけは、友人夫妻だったという。

 「石原さんは普段から芸能界に友達が少ないと言っています。一方で、出身校である創価高校時代の同級生とはいまでも仲がいいので、男性は学校の友達が紹介したのではないかといわれています」(テレビ局関係者)

 創価高校は、「宗教法人創価学会」が母体の「学校法人創価学園」が運営する。『週刊現代』(2005年4月9日号)では、NHK大河ドラマ『義経』で静御前を演じた石原を《創価高卒「初の芸能人」》《学会員が注目する清純派》とし《創価学会の会員たちの間では彼女に大きな期待がかかっている》と報じた。記事では次のような創価学園東京学園事務局総務課のコメントを掲載している。

 《「彼女は中学から創価学園に入り、高校1年で芸能活動を始めました。これまで創価大学出身の芸能人は何人かいましたが、中学・高校出身の芸能人は彼女が初めてなんです。当然ながら在学中から芸能活動をしたのも彼女が最初です」》

 ほかにも複数の雑誌では、石原が熱心な学会員であることが報じられている。10月1日に石原が結婚報告をしたことについても、こんなことが囁かれた。

 「翌日の2日は創価学会の特別な日である『世界平和の日』だったので、それに合わせたというのです。テレビ局に結婚情報が流れてきたルートが公明党関係者を経由して政治部に入ってきたといわれ、その説をもっともらしくしました。ただ、実際は仕事の関係で迷惑をかけないタイミングにしたそうです」(前出・テレビ局関係者)

 現役の学会員が言う。

 「どちらにせよ、石原さんの結婚は大変おめでたいこと。私たちの間でも、結婚相手が誰なのかと噂になっています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ