「ミュージックフェア」で松田聖子特集! 貴重な映像で名曲・名コラボを振り返る

 良質な音楽を提供し続けるフジテレビの長寿音楽番組「MUSIC FAIR」(土曜後6時~)が10月3日の放送で、歌手・松田聖子を特集する。今年4月にデビュー40周年を迎えた松田が約1年半ぶりに出演し、その歌声を披露。MCを務める女優の仲間由紀恵、同局の軽部真一アナウンサーとともに過去の貴重な映像を振り返りながら、40年記念アルバム「SEIKO MATSUDA 2020」に収録さた新曲「風に向かう一輪の花」を披露する。

 1981年に同番組に初出演した松田。これまでの出演回数は実に35回にも及ぶ。この日の放送では、さまざまな映像を振り返りながら、懐かしい思い出話に花を咲かせる。トーク前半では、海援隊とコラボしたザ・ビートルズの楽曲「Ob-La-Di,Ob-La-Da」(81年5月26日放送)や、日野皓正とコラボした『ニューヨーク・ニューヨーク』(84年9月23日放送)など、名コラボ、名カバー楽曲を中心に振り返る。

 さらにトークの後半では、往年のヒット曲「夏の扉」「野ばらのエチュード」「旅立ちはフリージア」「瞳はダイアモンド」「チェリーブラッサム」など、彼女の40年を彩ってきた数々の名曲を番組ならではの貴重な映像で振り返る。松田は当時の映像に「緊張するし、恥ずかしくてたまらない!」と照れ笑い。一方、映像を見た軽部アナは、ファンだったという当時を思い出し、興奮を隠せない様子で熱い思いをのぞかせた。

 番組で披露される新曲「風に向かう一輪の花」は、松田が37年ぶりに財津和夫とタッグを組んで制作した楽曲。松田が作詞、財津が作曲を担当し、イントロからぐっと引き込まれるピュアなメロディーが印象的なナンバーだ。ファンに対する松田の思いを真っすぐに伝えるため、先に歌詞が書かれたという。松田らしい、おとぎ話から飛び出したようなキラキラの衣装と、純白のセットにも注目だ。

 番組のプロデューサー兼チーフディレクターの浜崎綾さんは、松田の素顔について「いつお会いしても“真っ白なピュアネス”を感じる聖子さん。私のような若輩者にも丁寧に接してくださり、あぁきっとこの方は1つ1つの楽曲、歌にもこのように丁寧に取り組まれてこられたのだなぁと感じます」とコメント。彼女の芸能生活についても言及し、「40年にわたる音楽生活は、心地良いそよ風が吹いた時もあれば、時に吹き飛ばされそうな強い風が吹いたこともあったと想像します。しかし如何なる時もご自身の信念を貫き音楽シーンに立ち続けた聖子さんこそ“風に向かう一輪の花”だったのだと感じずにはいられません」と話した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ