松田聖子デビュー40周年 「MUSIC FAIR」で貴重映像

 歌手の松田聖子(58)がデビュー40周年を記念して10月3日、フジテレビの長寿音楽番組「SHIONOGI MUSIC FAIR」(土曜後6・0)に出演する。

 聖子の番組出演は昨年2月以来1年半ぶりで、実に36回目の登場となる。1980年のデビューから芸能界の第一線で活躍し続けているが、40年という節目を迎え、MCの仲間由紀恵、軽部真一アナウンサーと共にこれまでの貴重な映像を振り返る。

 同時にデビュー40周年記念アルバム「SEIKO MATSUDA2020」に収録される新曲「風に向かう一輪の花」を披露。37年ぶりに財津和夫とタッグを組んだ楽曲で「ファンに対する思いを真っすぐに伝えるため」と聖子が先に詞を書いたという。おとぎ話から飛び出したようなキラキラの衣装と純白のセットにも注目だ。

 トーク前半では、海援隊とコラボしたザ・ビートルズの楽曲「Ob-La-Di, Ob-La-Da」(1981年5月26日放送)や日野皓正とコラボした「ニューヨーク・ニューヨーク」(84年9月23日放送)などの楽曲を中心に振り返る。

 後半は「夏の扉」「瞳はダイアモンド」「チェリーブラッサム」など全9曲のソロ歌唱映像を紹介するが、当時の映像を見て「緊張するし、恥ずかしくてたまらない」と聖子は照れた。

 同局の浜崎綾チーフディレクター兼プロデューサーは「いつお会いしても“真っ白なピュアネス”を感じる聖子さん。40年にわたる音楽生活は心地よいそよ風が吹いた時もあれば、吹き飛ばされそうな強い風が吹いたこともあったと想像する。しかし、如何なる時もご自身の信念を貫き音楽シーンに立ち続けた聖子さんこそ“風に向かう一輪の花”だったのだと感じずにはいられない」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ