フジ遠藤社長「テラスハウス」のBPO審理入りに「真摯に対応したい」

 フジテレビの定例会見が25日、東京・台場の同局で行われた。

 恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演したプロレスラー、木村花さん(享年22)がネット上で誹謗(ひぼう)中傷を受けた後に死去した問題で、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が審理入りを決めたことについて遠藤龍之介社長(64)は「真摯(しんし)に対応したい」とコメント。同局は7月30日に制作過程などでの問題点の検証結果を公表しており、「今後の番組制作で出演者に対するSNSでの誹謗中傷などの対策や、心のケアの問題を適切な対応を取れる体制を強化したい」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ