三宅裕司、10月9日開幕舞台で表情が見える立体マスクを使用

 俳優、三宅裕司(69)が25日、東京都内で劇団スーパー・エキセントリック・シアター第58回本公演「世界中がフォーリンラブ」(10月9~25日、東京・サンシャイン劇場)の製作発表に共演の小倉久寛(65)と出席した。

 新型コロナウイルス禍での準備に「40年続いている劇団。やめるという考えはなかった。お客さんが大笑いして明日から頑張ろうと思ってくれれば」と気合十分。表情が見える透明の立体マスクを手に「登場する役者全員がマスクをしているお芝居なんて初めてじゃないかな」と対策も万全だ。

 同作のテーマ、純愛にからめ自らのエピソードを「小4で知り合い、高3で付き合って、7回別れて、35歳で結婚。純愛でしょ!?」と自身満々に紹介。小倉も「結婚してくれって100回くらい言ってやっと結婚してもらった。何でも言うことを聞く」と笑わせた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ