深田恭子ら一家を橋本環奈が追う! 「ルパンの娘」ポスタービジュアル公開

 女優の深田恭子が主演を務める10月15日スタートのフジテレビ系ドラマ「ルパンの娘」(木曜後10・0)のポスタービジュアルが24日、公開された。昨年7月クールに放送された同名ドラマの続編となり、今作からは新たに橋本環奈らが新キャストとして出演する。

 前作のポスタービジュアルは、代々「泥棒一家」“Lの一族”の三雲華(みくも・はな/深田)、尊(たける/渡部篤郎)、悦子(えつこ/小沢真珠)、渉(わたる/栗原類)、マツ(まつ/どんぐり)、巌(いわお/麿赤兒)がそれぞれのポーズを決め、代々「警察一家」の息子・桜庭和馬(さくらば・かずま/瀬戸康史)が彼らを追いかけるという構図だった。

 今作のポスタービジュアルは、泥棒衣装に身をつつんだ“Lの一族”と、華と事実婚し家族となった和馬が、まるで写真館で撮影したような家族写真におさまり、“Lの一族”に復讐(ふくしゅう)を誓う、代々「名探偵一家」の娘・北条美雲(ほうじょう・みくも/橋本)が彼らを追いかけるという構図となっている。

 そして、ひときわ目を引くのは、華が抱きかかえている、“Lの一族”の仮面をつけた赤ちゃん。この赤ちゃんが何を意味するのか、はたまた何の意味も持たないのか。

 今作のポスタービジュアルについて、アートディレクターの柳原康之氏は「Lの一族はすごくキャラクターが立っていて、ごく普通のことをするだけで違和感が出て面白いのではないかと思い、どこの家族でもやるような記念撮影のビジュアルを用いて、ステキな家族を表現させていただきました」と紹介。プロデュースの稲葉直人氏は「今回、晴れて華と和馬が結婚して新たな家族をつくっていく話になるので、ポスターは“家族の物語”を前面に打ち出したいなと思いました」と作品に込めた思いを明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ