JO1“最年少”「ウケメン」でコント初挑戦 CS初冠バラエティーも

 オーディション番組から誕生し、今年3月にデビューしたグローバル・ボーイズグループ、JO1(ジェイオーワン)の鶴房汐恩(しおん、19)と豆原一成(いっせい、18)が、25日深夜0時55分から放送のバラエティー「ウケメン」(フジテレビ、関東ローカル)でコントに初挑戦する。

 メンバー最年少の2人が初登場で挑んだのは、人気コント「3字の青春白書」。米国ドラマ「ビバリーヒルズ青春白書」ふうのハイスクールで、お題となるキーワードを3文字のヒントで伝えるというもの。1分以内に答えられないと“低周波ビリビリ”のお仕置きが待っている。

 やがて悶絶する豆原に、レギュラー出演者の3時のヒロイン・福田麻貴らから「かっこいいのに頭がちょっと…」といじられる始末。それでも本人はキュートな笑顔だ。

 鶴房は「ゲームで解答できなかったら新曲の告知は難しい」と言われ、「もう一回やらせてください」と懇願。“永遠の反抗期”というキャッチフレーズでおなじみだが、出演者からは「めちゃくちゃ素直。“永遠の優等生”じゃん」と応援される。

 「いつもならリーダー(與那城奨)や蓮君(川尻蓮)ら“お兄ちゃん”がいて僕たちがいるという感じなので不安だった」という鶴房は“ビリビリ”を体験し「テストではあまり痛くなくてオーバーリアクションしなくちゃ、なんて思っていたが、本番は…無理、痛すぎ。今も汗をかいている」と悲鳴を上げ、豆原も一緒にうなずいた。

 コントには今後も挑みたいようで「何でもやっていきたい。JO1の中では僕たちが結構体を張れるタイプだと思う(笑)。いけます」と2人は声を大にした。

 一方、CSでの初冠バラエティー番組「JO1の星~JO1×NO1バトル~」(土曜後11・0)が、10月17日からフジテレビTWOドラマ・アニメ/TWOsmartで放送・配信される。

 番組では、さまざまなジャンルで“NO1”は誰かを決めるバトルを3カ月にわたって展開。見事1位になったメンバーにはソロの冠番組で自分の好きなことができるプレゼントが贈られる。

 初回収録では「体力バトル」「最強運バトル」が行われ、リーダーの與那城は「僕たちの新たな一面が見られると思う。体力測定と運の強さの結果をぜひ見ていただけるとうれしい」と気持ちのいい汗をかいていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ