守屋浩さんが死去 和田アキ子「芸能界の礼儀を教えていただいた」

 「僕は泣いちっち」などのヒット曲で知られる歌手、守屋浩(もりや・ひろし、本名・守屋邦彦=くにひこ)さんが19日午後6時30分、前立腺がんのため死去していたことが23日、分かった。81歳だった。

 2年前に前立腺がんが発覚。自宅のある静岡・伊東市内の施設で療養していた。葬儀は22日に近親者のみで行った。

 守屋さんは大手芸能事務所、ホリプロの第1号タレント。1959年に「泣かないで帰ろう」でデビューし、同年発売した「僕は泣いちっち」が大ヒット。60年からNHK紅白歌合戦に4年連続出場した。76年に現役を引退し、ホリプロの取締役宣伝部長に就任。「ホリプロ・タレント・スカウト・キャラバン」の立ち上げに参加し、榊原郁恵(61)、堀ちえみ(53)ら多くのスターを発掘した。

 ホリプロの後輩歌手、和田アキ子(70)は事務所を通じて「私にとっても、気軽に話しかけられないくらい尊敬する偉大な大先輩でした」と追悼。「右も左もわからない私に、芸能界の礼儀や縦社会を教えていただきました」と偲んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ