芸能生活35周年 真琴つばさが落語に初挑戦 

 芸能生活35周年を迎えた元宝塚歌劇団月組トップスターで女優の真琴(まこと)つばさ(55)が、10月30日に東京都新宿区の四谷区民ホールで行われる落語会「噺(はなし)舞台 落語のラララ~真琴つばさ&さん喬(きょう)・粋歌(すいか)~」で初高座に上がる。在団当時から宝塚随一のエンターテイナーといわれ、退団後も歌手活動、バラエティー番組や朗読劇出演など活躍の幅を広げてきた真琴に、新境地への意気込みなどを聞いた。(文化部 石井那納子)

自然体の表現を

 落語会には、本格古典落語の名手として名高い柳家さん喬(72)、来年真打ちに昇進する女性落語家・三遊亭粋歌(44)が出演する。この中で真琴は、借金まみれの男が死神と取引をして似非(えせ)医者になる「死神」、妾の家に押し入った泥棒と女の駆け引きを描く「転宅」の2席に挑む。

 今春から打ち合わせを重ね、稽古の真っただ中だ。「主軸となる江戸の町の人々を表現するのが難しい。先日も、さん喬師匠から『男役になっている』と指導を受けたんです」。作り込まれた美しさで観客を魅了する男役と比較し、「落語の魅力はすらすらっと進んでいく、自然体の表現にこそあるでしょう」と語る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ