山口達也容疑者、『株式会社TOKIO』入社完全消滅 芸能界復帰の可能性自ら握りつぶす…

 元TOKIOの山口達也容疑者(48)が22日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕され、芸能界復帰への道が閉ざされた。2018年4月の強制わいせつ事件でジャニーズ事務所を退所。寺の読経で自身を見つめ直し、リーダー、城島茂(49)らTOKIOのメンバーが設立した新会社に入社する噂も浮上していたが、復帰の可能性を自ら握りつぶしてしまった。

 周囲が期待していた芸能界復帰への扉を自らの手で閉じてしまった。

 TOKIOは今年7月、長瀬智也(41)が来年3月末でジャニーズ事務所を退所し、リーダーの城島、国分太一(46)、松岡昌宏(43)が関連会社「株式会社TOKIO」設立で“独立”すると発表。城島らは同社に他のタレントを迎え入れることはないと断言していたが、一部で山口容疑者をスタッフとして受け入れるのではと噂されていた。

 山口容疑者は2018年4月、女子高生への強制わいせつ容疑で警視庁に書類送検され、翌5月にジャニーズ事務所から契約を解除された。その後は寺で読経、境内の掃除などをして、自分を見つめ直していたという。

 松岡は自身のラジオ番組で「兄ぃ」と慕う山口容疑者から「俺も頑張るから、みんなそれぞれ頑張ってほしい」と言われたと明かしていたが、今回の逮捕で再び裏切る形に。株式会社TOKIOの入社や芸能界に携わる道が完全に遠のいた。

 原因は酒癖の悪さ。18年4月の謝罪会見で「飲み過ぎないようにと、会社に昔から言われていた」と告白。本人はアルコール依存を否定したが、松岡は翌5月のメンバー会見で「僕らはアルコール依存症だと思っていた」と語っていた。

 山口容疑者は16年8月に5歳下の元モデルと離婚。元妻と息子2人は米ハワイに移住し、自身は養育費を払うための節約生活に。寂しさを飲酒で埋めた可能性もある。

 逮捕されたこの日は、1994年にTOKIOが「LOVE YOU ONLY」でデビューした記念日の翌日。23日にフジテレビ系冠番組「TOKIOカケル」の収録に臨むメンバー4人は何を思うのか-。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ