五代目金馬さん襲名披露興行 四代目は隠居名「金翁」に

 91歳の落語家、四代目三遊亭金馬さんが隠居名の「金翁」を名乗り、息子の金時さん(57)が名跡を継いで五代目金馬となる襲名披露興行が21日、東京・上野の鈴本演芸場で始まった。

 金翁さんは口上で、脳梗塞を患って息子に名跡を譲ると決めたと説明。その後の高座ではリハビリ経験をユーモラスに語った。五代目を襲名した金馬さんは、トリで緊張気味に「頑張りますのでよろしくお願いします」とあいさつ、夫婦げんかを描く「厩火事」を語って笑いを誘った。

 終演後、取材に応じた金翁さんは「もうちょっとしゃべれるな」、五代目金馬さんは「初日を無事につとめられ、ほっとしました」と話した。興行は11月10日まで都内五つの寄席で開催、金翁さんは「1」と「5」の付く日に出演を予定している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ