嵐、活動休止まで“カウントダウン”の現実 東京五輪のように「1年延期して」の声も

 年内で活動休止を発表している国民的アイドル・嵐のライブ「アラフェス 2020 at 国立競技場」が無観客で行われることが発表された。

 「メンバーもファンも観客を入れてのライブを最後まで希望していましたが、新型コロナの現状、スタッフやファンの安全面などを考慮し、判断したそうです」(スポーツ紙記者)

 残念な思いは大きいが、ライブは配信されるということで、「ファンクラブの会員の皆さまが全員同じ状況で見られる形になったともとらえております」と、松本潤(37)は前向きに話している。 

 また、10日には冠番組である「嵐にしやがれ」(日本テレビ系)が年内で終了することが発表されたが、「VS嵐」(フジテレビ系)も終了することがわかっている。

 「東京オリンピックが1年延期となったように、ファンの前でのイベントができない嵐の活動休止も1年延期してほしいという希望もありましたが、さすがにそうはいかないですからね」(前出・スポーツ紙記者)

 活動休止までのカウントダウンに入ったという現実と向き合うしかない。(zakzak編集部)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ