上戸彩、視聴率聞くたびに「ゾクッとします」 『半沢直樹』で癒やしの妻・花役

【ヒューマン】

 2013年以来の放送で話題沸騰のTBS系「半沢直樹」(日曜後9・0)。女優、上戸彩(35)が前作に続き、主演の堺雅人(46)扮する半沢直樹の妻・花を好演している。同作は新型コロナウイルスの影響で約3カ月遅れでスタートしたが、初回から高視聴率を連発。魑魅魍魎(ちみもうりょう)がはびこる男社会で、花は癒やしの存在だ。前作から私生活で2児の母になった上戸は「『今は子供が2人もいるもんね』と腑に落ちる方が多いはず」と等身大の演技をアピールした。

 「半沢直樹」はコロナ禍で7月に約3カ月遅れでスタートし、第8話が1週間延びて今月13日に放送。ピンチをバネに平均世帯視聴率は初回から8回連続で22%を超え、快進撃を続けている。

 再びブームの渦の中にいる上戸は「視聴率を聞くたびにゾクッとしますね。でも、撮影現場では視聴率の話をしないし、視聴者に媚を売ろうという雰囲気じゃない。戦いたくても戦えない人たちのためにドラマを作ろうという思いは、前回と変わっていないですね」とほほえんだ。

 上戸は、堺演じる半沢直樹の妻・花役。銀行内外にいる宿敵と戦う半沢が家に帰ると、思ったことを何でも口にしてしまう明朗快活な女性。魑魅魍魎がはびこるドラマで、夫はもちろん、視聴者をホッとさせている。

 堺とは前作が終了後、ソフトバンクのCMで共演。「お会いするたびに『続編やらないんですかね?』と話していて、決まったときは『やった~!』という気持ちでした」と再会を喜んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ