秋は一日“杉良太郎ざんまい” 時代劇専門チャンネルで21日放送

 歌手で俳優、杉良太郎(76)の主演時代劇「新五捕物帳」などを特集する特別企画「~魂の男~杉良太郎祭り」が21日にCSの時代劇専門チャンネルで放送される。

 同作は日本テレビ系で1977~82年に放送。人一倍強い正義感と人情味あふれる性格で、江戸の庶民を守る岡っ引き・新五の活躍を描く。華麗な殺陣も話題となり、平均視聴率は20%を超える人気作となった。

 杉は本紙などの取材に応じ、役作りについて「(武器の)十手を持っていても、新五はどうやっても権力に対して勝てない。だから、その悔しさも込めて、毎話泣いてやろうと思った」と説明。その涙が視聴者の感情移入を生んだ。

 全196話を制作したが、脚本のアイデアを補うため「物語のネタは新聞記事だった。誘拐や詐欺、不可解な殺人事件とか…」。時代劇ながら同時代性を兼ね備えた作品に仕上がった。杉は合気道を習得しており、見せ場である殺陣は素手中心で構成。当時としては画期的な演出で、刀ではなく拳で悪を懲らしめることで痛快感を増した。

 撮影では東京と京都を往復し、1日半で1本撮る多忙なスケジュールをこなした。殺陣では、合気道の有段者を重そうに投げ飛ばすなど「リアルと迫力を追求した」と振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ