嵐“争奪戦”の予感! 年末特番で各局熱視線、レギュラーないTBSは「レコード大賞」で好待遇も

 今年いっぱいで活動を休止する嵐が、年内に国立競技場の単独公演を無観客で有料配信することになった。コロナ禍で活動休止の延期も期待されたが、念願だった公演が決定したことで、このまま休止に向かうのは必至。もう生の嵐には会えないかもしれない。そんな渇望感の中、テレビ各局の嵐の争奪戦は激化。紅白と並ぶ年末の風物詩、レコード大賞すら様変わりする可能性すら出ているという。

 嵐にとって、国立競技場は2008~13年にアーティスト最多となる15公演を行うなど代名詞的な存在。本来ならば5月15、16日に開催予定だったが、コロナ禍の影響で延期となっていた。

 「最後まで観客を入れた公演ができないかと検討されましたが、ジャニーズ事務所自体が年内の大型公演については休止とする判断を下したこともあり、無観客になりました」と音楽関係者。

 「メンバーにとって念願だった国立ライブが延期になった時点で、活動休止が撤回されるのではないかという期待もありましたが、国立ライブ開催決定はそんな期待を否定するもの。年末恒例のカウントダウン・コンサートは不透明ですが、かなり厳しい状況。となると、ファンが生の嵐を見る機会はもうないに等しい」と続ける。

 そんな中、テレビ各局も、年末は嵐特番を見込んでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ