マキタスポーツ、出身地の山梨で初の冠番組スタート「10年は続けたい」

 タレント、マキタスポーツ(50)が10月3日から山梨放送で冠番組「マキタ係長」(土曜日深夜0・55)をスタートさせる。

 芸人、ミュージシャン、俳優とマルチに活躍するマキタスポーツにとって、自身初の地元テレビ局でのレギュラー番組。山梨県の県民性にスポットを当て、観光ガイドには載らない山梨の文化・風習・性質を、自虐的かつ建設的に県内外に向けてPRする番組だ。

 とある会社の窓際部署の係長(マキタスポーツ)と同僚社員(フリーアナウンサーの三浦実夏)が、上司の指令を受け、山梨県の知られざる一面をひもとき、解決策を提案していくという設定で届ける。

 マキタスポーツは「実は、山梨のことを山梨の人は知らないと思います。で、県外の人はもっと知らない。知られていなさ過ぎるんです、山梨。私は山梨発の文化発信をしたいと思い、この番組を始めました」と番組誕生の経緯を説明。「山梨で番組をやりたいと思ったのが10年前。齢50の年にやっと実現することができました。ご協力頂いた皆さまに感謝です。構想期間が長かった分、10年は続けたいと思います。目で見る無尽(山梨に残る風習の一つで、気の合う仲間と定期的に行う飲み会)です」とアピールした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ